2016年10月23日日曜日

アルティメットカッター礼賛

 
先週買ったもので紹介しましたゴッドハンドアルティメットカッターでいろんなものを切ってみます。とにかくよく切れます。

こちら。


カッターの替え刃「小」を使って切断する手持ち裁断機といった風情の工具です。


「究極」の刻印が誇らしげに入っています。正に究極に恥じない切れ味です。


刃が落ちるところにはプラ棒をセットするようになっています。これも交換することが可能なメンテナンスパーツです。


カッターの刃がむき出しになっていますので、取り扱いには注意が必要です。


棒材などを切断するときのために、根元に近い部分に切り欠きが入っています。
また、切り欠きのさらに根元側には材に対して垂直に刃を入れるためのガイドがついています。


さて、このアルティメットカッターの素晴らしい切れ味をしっかりとお伝えしたく、この投稿ではいつになく動画たくさんでお送りいたします。
切断の映像はもとより、切断するときの音もぜひ聞いてみてください。切れている感、すごくよく切れている感が音でもわかるのです。

ではまず全体の様子の紹介と、切断は序の口ポリ袋から。


お次、割りばし切ってみます。
割りばしのように厚めというか太めのものは専用の切断エリアが設けられております。
切り口が真っ直ぐなので切断したかけらを立てることができます。



切れ端を縦に切断してみます。切断面があまりになめらかなので光沢を放っております。
わかりますかね。



次にプラスチックを切ってみます。
まずは柔らかいポリプロピレンから。切っているのは100均で売っている引き出しの仕切り板です。
切り口が真っ直ぐで、切断物がきれいな直方体になっているのがわかります。
そして、残りの部分は縦に切っています。これも立てることができます。素晴らしい。
切断するのにほとんど力は要りません。「ポクッ」という感じの切断感。心地よいです。


さらにこの切れ端を薄く切ってみます。
1mm以下の厚さにサクサク切れます。しかも切り口がだれるようなことが一切ありません。


お次、硬いプラスチックとして2mmtのアクリルを切ってみます。
アクリルを刃物で「切る」というのは無謀な感じがします。ガラスを切るようなもんです。割れてしまいそうな気がしますが、そうでもないのです。さすがに切り口真っ直ぐ、というわけにはいきませんが、アクリルカッターで何度も筋を入れて折るよりははるかにきれいな切り口です。
ではどうぞ。


お次、よく切りそうなものとして、フラットケーブルがあります。これを切ってみます。いつもならはさみを使うところです。なかなか真っ直ぐきれいには切れないんですよね。
もちろんあっさり切れます。プチッという高めの切断音が心地よいです。


フラットケーブル切ったら、次は基板ですよね。細いものですが切ってみました。
当然切れます。


サンドペーパーも切ってみます。
ボークスなんかにヤスリスティックとして専用のものが売ってますが、ヘラの先にサンドペーパーを貼り付けると細かな削り作業に重宝するツールを作ることができます。
きれいな形にカットしないと使いにくいものですが、アルティメットカッターを使うとそれも簡単に量産できます。はさみでこれをやると一気にはさみがダメになりますが、刃の交換が自在のアルティメットカッターなら安心してぶった切れます。
ちなみに、本当に切れ味が落ちたはさみは、サンドペーパーを切ると切れ味が復活します(笑


ということで、サンドペーパーを切って切れ味が落ちたところで、刃の交換をしてみます。
刃の取り外しは簡単で、刃を押さえているパーツを六角レンチで緩めて外すだけです。
ケガをしないように気を付けて。


取り付けは取り外しの逆手順です。気をつけるところは、刃が落ちたときに対面のプラ棒に並行になるように固定することです。これは締め付けるときにレバーを握って位置調整をしてやるとよい感じに決めることができます。


交換した刃で最後にアルミホイルを切ってみます。アルミホイルもなかなかきれいに切ることが難しいものの一つですよね。
アルティメットカッターを使うと、カッターで切るときのような引っ掛かりもないし、はさみで切った時のような切断物の反りも全くありません。素晴らしい限りです。

ということで、アルティメットカッターを高く高く崇め奉る投稿でした。
アルティメットカッターは販売価格が1万円以上と、簡単に変える金額ではありません。購入にはなかなか勇気が必要です。私もネットの情報から素晴らしいものであるらしいことは十分感じていたのですが、やはりしばらく躊躇した末の購入でした。
で、買った結論は「もっと早く買っておけばよかった」でした。本当に本当に素晴らしいツールです。

で、先週の投稿にも書きましたが、あまりに素晴らしい切れ味に感動してツイートをしたところ、結構な数のリツイートをいただきました。
それでもって先日、私のツイートが拡散されて目に留まったのでしょうか、なんとゴッドハンド株式会社の角田代表にフォローいただくという光栄に浴しました。
ありがとうございました。

良い工具との出会いは本当に素晴らしいものです。作業を効率化し、仕上がりを美しくし、何よりも作業することを楽しくしてくれます。そしてさらに所有する喜びまで与えてくれるのです。
本当に良い買い物でした。

2 件のコメント:

  1. fuziki『イカン、この投稿は孔明の罠だぁぁぁ』ぼち…
    みら太「計画通り(ニヤ)」
    後は、ゴッドハンド様が次回WFでムカデ刻印のコラボモデルを出さない事を祈るのみ

    返信削除